- 産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

出産に伴い女性の骨盤は開きます。
それは自然分娩だけでなく、帝王切開をした患者様にもいえることです。
なぜなら女性の体は妊娠一か月頃からリラキシンといわれるホルモンが分泌され始めます。このホルモンが分泌されることにより、出産にそなえるために産道である骨盤周りの靭帯が緩んでいきます。そのおかげで赤ちゃんが産道を通って産まれてくることができるのです。

そして産後骨盤が自然ときれいにしまってくれる場合もありますが、ひらいたままになってしまう場合もあります。すると産後体型が戻らない、あるいは腰痛の原因につながる場合があります。

産後の骨盤矯正を受ける3つのメリット

1. 体型が戻りやすくなる

産後骨盤が開いたままの状態にあると体が妊娠している状態と勘違いしてしまい、妊娠中にでていた女性ホルモンの作用により脂肪や水分をため込みやすくなってしまいます。そのため、産後体型が戻らないということになりかねます。また、自然分娩にくらべ帝王切開の場合産道を通らずに産まれてくるため母体に出産したという信号がいきづらい場合があり、帝王切開の方の方が産後骨盤が戻りにくいともいわれています。

2. 子宮の戻りが早くなる

子宮は骨盤と靭帯などで結ばれているため骨盤が正しい位置に戻ってくれることにより、一時的に悪露や後産が強くなる場合もありますが出産後の子宮の戻りが早くなると言われています。

3. 産後の腰痛予防

産後骨盤は開いていることもありとても不安定な状態にあります。
そのため、子供を抱っこしたときに腰を痛めてしまうというお母さんもとても多いです。骨盤をしめることにより早めの予防につながります。


ではいつから受けたら良いのかといいますと、【産後早ければ早いほうが良い】とされています。
理想は【一か月以内】といわれています。

なぜなら冒頭に述べたリラキシンというホルモンですが、産後だいたいこの時期まで分泌されているといわれているため、体の靭帯が硬く元の状態に戻る前に矯正したいからです。その時期は骨盤以外にも体のすべての関節が柔らかくなっているので、普段は硬くて動かせなかった関節も矯正することが可能になり、母親にとっても新たに体を生まれ変わらせることができる時期なのです。

しかし、一か月を過ぎたら骨盤は開いたままもどらないか?といわれるとそうではありませんのでご安心ください。
ですがやはり早ければ早いほどもとに戻りやすいというのも事実ですので産後~半年くらいまでに締められると良いでしょう。

鴻巣カイロプラクティックセンターでの施術

骨盤以外にも骨格全体を矯正していきます。また、産後筋肉も弱化しているので、自宅での筋トレ指導も行っています。(骨盤底筋の弱化は尿失禁にもつながります)


アクセス情報

所在地

〒365-0044
埼玉県鴻巣市滝馬室1309

駐車場

〒365-0044
3台あり

休診日

水曜・不定休